知っ得!生活情報

省エネをはじめとする、ちょっとおトクな生活情報をご紹介!

冬の省エネ、万全ですか?

熱を逃がさない工夫をし、効率よくお部屋を暖めましょう!

ホットカーペット&断熱マットで、熱を床から逃がさない
暖気は意外と床から逃げていくものです。せっかくお部屋を暖めても、床から逃がしてしまっては本末転倒です。ラグやホットカーペットと共に、断熱マットを利用しましょう。
暖房機器は窓側に置き、扇風機などで空気を循環
暖房機器は冷気の入り口となる窓側に背を向けて置きましょう(対流式ストーブ以外)。
暖気は上に向かうので、扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させるとさらに効率よくお部屋を暖めることができます。
カーテンで外気を遮断
カーテンは厚手のものや遮熱素材のものを使うと、より暖房効率が上がります。レースカーテンも一緒に取り付けると、空気の層ができるので断熱効果がさらにアップします。
窓際用の断熱ボードなどを併せて使い、カーテンの下から入ってくる冷気をカットするのも効果的です。

灯油の店頭買いと配達、どっちがお得?

配達の灯油には配達料が加算されますので、単純な価格の比較では店頭買いのほうがお得です。

しかし、お店に買いに行くまでのガソリン代や時間などをお金に換算すると、必ずしも安くなるとは限りません。

例えば、5キロ離れたお店に車で灯油を買いに行くとしましょう。

比較的燃費のいい乗用車でも、街中では1リッター程度はガソリンを使います。

これに往復する時間と並んで買う時間・積み下ろしの時間などをお金に換算し、さらに車が汚れるリスクや腰への負担などを考慮に入れると、多くの場合は配達に軍配があがるのです。

停電時でも使える暖房機器を徹底比較!

停電時でもそれぞれの特性を生かし、暖房機器を上手に使いましょう!

暖房機器 メリット デメリット
石油ストーブ
  • 燃料コストが安い
  • 室内が乾燥しない
  • 給油が面倒
  • 換気が必要
  • 引火などの火災に注意
ガスストーブ
  • 早く温まる
  • 室内が乾燥しない
  • 配管が必要
  • 換気が必要

カセットガス
ストーブ

  • 携帯性に優れる
  • コードや配管が不要
  • 暖房能力が低い
  • 部分暖房向き
石油ストーブ 
 メリット デメリット 
  • 燃料コストが安い
  • 室内が乾燥しない
  • 給油が面倒
  • 換気が必要
  • 引火などの火災に注意
ガスストーブ 
メリット デメリット 
  • 早く温まる
  • 室内が乾燥しない
  • 配管が必要
  • 換気が必要
カセットガスストーブ 
メリット デメリット
  • 携帯性に優れる
  • コードや 配管が不要
  • 暖房能力が低い
  • 部分暖房向き